「ひと・まち・しごと」北海道の創生
室蘭・北海道の可能性に挑戦!地域の豊かな潜在能力を最大限に引き出し、それをカタチにするのが私に課せられた使命です。

ちば英也プロフィール

積小為大~小を積みて大となす 明日の地域のために小さな積み重ねを怠らず活力ある地域の実現を目指します。

昭和44年3月8日 室蘭市生まれ。46歳
昭和62年 室蘭工業高等学校電気科卒業
平成4年 札幌大学経済学部卒業、大同電設(株)札幌支店入社
平成5年 株式会社耕電設入社・専務取締役就任
平成8年 株式会社耕電設代表取締役就任
平成27年 北海道道議会議員当選(1期目)
株式会社耕電設 特別顧問就任、現在に至る。
取得免許 第二種電気工事士 乙類7種消防施設士 一級電気工事施工管理技師 監理技術免許 小型船舶操縦免許など。
趣味 ダイビング 登山 読書

ちば英也の取組み

地域の未来創りに取組みます!「まち・ひと・しごと」北海道創生

目 的

室蘭市民一人ひとりが、まちの未来に希望を持つことのできる活力ある地域を創る。

目 標

地域の未来を創るため、強靱なネットワークを構築し、地域の発展に寄与する。

施 策

地域創生五つの行動指針

「創る」新環境産業の創造

新環境産業構築に向けた企業誘致、人材育成、技術開発、研究開発、北海道を代表する「ものづくり産業」の基盤を増強、強化します。


「耕す」明日(未来)の人財創造

地域の特色ある教育環境の拡充、キャリア教育、インターンシップの普及拡大、人財育成を行い、地域内地元企業への就職率向上を目指します。


「守る」安心できる暮らしの創造

いつまでも安全・安心に暮らせる災害に強い地域づくり、地域医療連携、予防介護の増進、子供を産んでも働き続けることのできる環境整備を進めます。


「輝く」地域の創造

地域が持つ価値をさらに高め、世界を視野に入れたグローバルな地域づくり、地方創生制作を活用し、地域の資源や特徴を活かした産業振興、活性化対策を進めます。


「繋ぐ」地域ネットワーク創造

地域の未来を創るため、「地域創生五つの行動指針」が効率的、効果的に発揮できるよう、地域が北海道そして国と強靱に結びつくネットワークを構築し、「選ばれる室蘭市」の実現へ向けた仕組みづくりに取り組みます。

ちば英也は果敢に挑戦します!この転換期の時代をしっかり見極め、明るく元気な次代を創造するため、私は決意表明します!

私の決意~室蘭・北海道の可能性に挑戦!

ちば英也決意表明  室蘭市も含めて北海道は今、大きな転換期に立たされています。 少子高齢化による出生率低下や東京一極集中による人口流出などに伴い、急速に人口減社会に落ち込んでいます。

 長引く経済不況の中、民主党から政権を奪還した自民・公明両党の第2次安倍晋三政権は、大胆な経済政策アベノミクスに取り組んできました。その結果が大都市を中心として労働者の賃金上昇、企業倒産の減少、有効求人倍数の上昇、観光客数の大幅増加などの分野で着実に現れつつあります。

  しかし、まだまだ地方自治体までは行きわたっていません。地域経済回復の動きは鈍く、人口急減による社会・経済の影響から抜け出せない状況が続いています。そのような状況下で、待望の北海道新幹線(新青森~新函館北斗)が平成28年3月に開業するほか、北海道新幹線(新函館北斗~札幌)も5年前倒しの平成42年年度末開業が決定し、明るい話題を投げかけています。その上、札幌市が招致決定した札幌冬季オリンピックが実現すれば、北海道の活性化に弾みがつきます。

 とはいえ、北海道と各市町村には、産業経済、社会・生活環境、保健・衛生・医療・介護・福祉、教育・文化・スポーツなどあらゆる分野における課題が、まだまだ残されています。私はこの時代をしっかり見極め、明るく元気な次代を創造するため、果敢に挑戦していく決意です。  
 
幸いわが愛するふるさと室蘭市にも、北の大地北海道にも至る所に豊かな潜在能力があふれています。その無限の可能性を最大限に引き出し、それをカタチにするのが私に課せられた使命であると肝に銘じています。どうぞ温かいご指導をよろしくお願い申し上げます。